自動車保険 | 有限会社西本自動車

自動車保険

 

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なります。
ご契約にあたっては、各社商品パンフレットおよび「重要事項のご説明」をあわせてご覧ください。
また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意していますので、当社または引受保険会社までご請求ください。
ご不明な点につきましては、当社または引受保険会社にお問合わせください。

当店では、お客様のカーライフを
フルサポートできる体制で事業展開しております。

保険金等のお支払い内容

自動車の運行によって他人(歩行者・他のお車の搭乗者など)を死傷させ被保険者(保険の補償を受けられる方、具体的には保有者または運転者)が損害賠償責任を負った場合の損害について保険金等をお支払いします(人身事故に限ります)。自賠責保険プラス任意の自動車保険で事故の備えを。

高額化する人身事故や自賠責保険で支払われない対物事故などにも備えて、自動車保険(任意保険)へも加入をご検討してください。

自賠責保険の保険金等は、迅速かつ公平に保険金等をお支払いするために、国土交通大臣および内閣総理大臣により「支払基準」が定められています。

損害の範囲 支払限度額(被害者1名あたり)
傷害による損害 治療関係費、休業損害、慰謝料、文書料 最高120万円
後遺障害による損害 逸失利益(後遺障害がなければ得られたはずの収入)、慰謝料等 神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
常時介護のとき:最高4,000万円
随時介護のとき:最高3,000万円
後遺障害の程度により
第1級 :最高3,000万円
第14級:最高75万円
死亡による損害 葬儀費、逸失利益(生きていれば得られたはずの収入)、慰謝料(本人および遺族) 最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害 傷害による損害の場合と同じ 最高120万円

お支払金額が減額される場合

次の場合には、お支払いする保険金(損害賠償額)について減額を行います。

減額は、支払いの基準により算定した損害額に対して行います。なお、損害額が支払限度額を超える場合には、支払限度額から減額します。

 

1.被害者に重大な過失があった場合

被害者の過失割合に応じ次の減額割合を適用します。

 減額適用上の被害者の過失割合 ・後遺障害の場合の損害

・死亡の場合の損害

・傷害の場合の損害

・死亡に至るまでの傷害の損害

7割未満の場合 減額なし
7割以上8割未満の場合 2割減額 2割減額
8割以上9割未満の場合 3割減額
9割以上10割未満の場合 5割減額
ご注意

政府の保障事業へご請求の場合も、自賠責保険と同じく、被害者に重大な過失があった場合のみ減額を行います。

ただし、政府の保障事業の場合、平成19年3月31日以前に発生した事故についてはこの取り扱いは適用されません。

被害者に過失があれば、その割合に応じて損害額から差し引かれます。

 

2.事故(受傷)との因果関係の判断が困難な場合

事故(受傷)と死亡との間または事故(受傷)と後遺障害との間の因果関係の認定が困難な場合には、

死亡による損害または後遺障害による損害について5割の減額を行います。

任意保険

自賠責保険で支払われる金額だけでは、被害者に支払う賠償金が足りない場合が多く、大変なご負担になります。
任意保険(自動車保険)は、自賠責保険では補償されない部分を補ってくれます。
万が一、事故を起こしてしまった場合に、サポートしてくれる心強い味方の保険です。

任意保険の種類

相手への賠償
対人賠償保険 他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまった場合を対象とした保険。
対物賠償保険 他人の車や壁、ガードレールなど、物を破損させてしまった場合を対象とした保険。
おケガの補償
人身傷害保険 ご自身・ご家族・乗車中の方などが自動車事故でケガをした場合の治療費等を補償する保険。
自損傷害特約 単独事故など、自賠責保険等での補償が受けられない場合などに適用される特約。
無保険車傷害特約 賠償能力が十分でない相手方(無保険など)との事故による死亡または、後遺障害に対して適用される特約。
搭乗者傷害に関する特約 ご契約のお車に乗車中の方を対象とした、ケガや死亡した場合に補償される特約。
※保険会社によっては取り扱いのない場合があります。
お車の補償
車両保険 ご契約の車が破損した場合を対象とした保険。

万が一に備えて、任意保険(特に対人・対物賠償保険)に加入することを強くお勧めいたします。
その他色々な特約もあります。お客さまに適した保険をご提案いたします。
※ご加入できる補償は、保険会社・商品により異なります。

自賠責保険と任意保険の違い

主な違い

自賠責保険
加入 自動車損害賠償保障法(自賠法)という法律によって原則としてすべての自動車(原動機付自転車を含みます)について契約することが義務づけられてますので強制保険ともいわれています。
目的 自動車の運行による人身事故の被害者を救済するための保険です。
保険料 用途車種・保険期間等によって異なります。
支払内容 自動車の運行によって他人を死傷させた場合の人身事故による損害について支払われる保険です。物損は対象になりません。
過失相殺 なし。ただし被害者に重大な過失があった場合や事故(受傷)との因果関係の判断が困難な場合、保険金お支払額が減額される場合があります。
任意保険
加入 任意
目的 自賠責保険の不足分を補うことを目的としている。
保険料・補償内容 自分で選択できる。
賠償範囲 保険商品によって異なる。
過失相殺 行われる。

任意保険の種類

相手への賠償 示談交渉
の代行
ご自身への補償
死傷 車・モノ 死傷
任意保険 対人賠償
保険
対物賠償
保険
人身傷害保険
搭乗者傷害に関する特約など
車両保険

○:補償あり ✕:補償なし △:「保険金等のお支払い内容」の支払限度額まで

引受保険会社

自賠責保険だけでは、補償されない部分をカバーしてくれるのが任意保険です。
当社の専門アドバイザーがお客さまのカーライフにぴったりのプランをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

  • あいおいニッセイ同和損保
    あいおいニッセイ同和損保
    (2019年10月B19-102940)
  • 東京海上日動
    東京海上日動
    (2020年6月 20-T00973)
  • JA共済
    JA共済

新車・中古車の販売、車検・整備、鈑金・修理など車のことなら
西本自動車へお任せください!

0736-75-2239

営業時間 8:00~19:00

お問合わせはこちら